言語学者としてお金を稼ぐ秘訣は、契約関係の専門家になることです。 抜け目ない教授は、すべての商取引の核心部分に直行し、彼の権利を主張しました。 文法の専門家、特に法律の訓練を受けた専門家は、単に形容詞の適用範囲を証言するだけで、法外な料金を請求することができます…

 

つまり、「形容詞 1 が 段落A と段落 B の両方に適用され、段落Aだけに適用されるのではない」と言うことによって、支払いを受けとる人が存在するということです。契約書の個々の単語の上には、非常に多額の金銭が乗っていますが、多くの場合、それらが後からの思いつきだということが衝撃的です。真実は、契約管理が全Quote-to-Cashプロセスの屋台骨を形成し、各ステップを契約の作成、実行、および更新に供給しているのです。また、ほとんどの企業は、取引の過程で、そのプロセスを開始するにあたって必要とされるNDAや、アドオンや変更を管理するMSAなど、複数の契約を締結します。情報、製品、現金の混沌とした大洪水は、これらの契約によって制御されます。取引の詳細について検討し証言させるために、企業が言語学者や契約マネージャーに喜んで大金を支払うのも不思議ではありません。

 

見積は、契約プロセスの最初のステップです。

各当事者への期待が設定され、交渉され、実用的な文書のための基礎が敷設されます。明確で効率的な見積プロセスは、法律用語が関与する前の混乱を減らすのに役立ちます。もちろん、契約書作成の時が来れば、営業と法務チームは多くの場合協働で作業にあたります。営業チームは、時間のかかる承認プロセスが、重要な取引を危険にさらす可能性があることを知っており、法務チームは、素早くコピー&ペーストで作成した文書が、不利な条件、抜け穴、時代遅れの言語、およびその他の損害を与えかねない問題を含む可能性があることを知っています。両チーム共、両当事者の利益となる良好な顧客関係の基礎となる、一貫性のある正確な言語を求めています。このソリューションは、テンプレートのライブラリを作成することで実現します。法務チームは、有利な法律用語で記述しこれを維持することに時間をかけ、恐らく途中で言語学者のコンサルティングに時間を使うことができます。 すべての準備ができたら、法務チームは、営業担当者が適切な言語にアクセスできるライブラリに、自分の仕事を公開することができ、そこで営業担当者は、法務からのフィードバックを待つことなく、その見積情報から独自の契約を組み立てることができます。高度なワークフローと承認システムで、営業担当者は、契約に追加の承認が必要となる非標準的な条件が含まれているかどうかを事前に確認することができ、法務チームは離れた位置から状況を監視し続けることができます。標準的な契約は、一貫性のある正確な言語でのプロセスを通じて迅速に行われ、非標準的な契約は、明確に特定できる例外を基に、適切に検討されます。両チームは、より速く、より少ないリスクで販売がクローズされるので満足しています。

 

契約締結が終わると、契約上の義務が確実に実行されるように契約管理によって監視されます。

これらの債務についての情報が、ファイリング キャビネットか、誰かのハードドライブの PDF ファイルで滞っている場合には、両当事者に協力してもらうために余分な作業が必要になります。検索可能なデータベースであっても、関連データを抽出するために時間がかかるので十分ではありません。受注と変更の効率的な管理は、明確な製品とサービスの理解にかかっており、アクティブな契約が、その真の情報源であるべきです。同様に、経理部でも、時間どおり正確に請求書が処理されるように、契約内容を参照する必要があります。契約から債務の履行、請求書発行、収益認識へのスムーズな接続は、修正するのにコストがかかるエラーを排除し、誰もが、苦労して稼いだ会社のお金がテーブルの上に置き去りになっていないことに安心することができます。貴社の契約管理プロセスを改善する方法の詳細については、ホワイト ペーパー 「。

 

5つの 簡単な手順での契約開発の合理化」をダウンロードしてください。