事業から不要なリスクを排除しながら、CFO や監査役、ステーク ホルダーから大きな信頼を獲得したいですか。  では、洗練された統合型の収益管理ソリューションを今すぐご採用ください。 顧客に直接接する営業チームは、事業運営上重要な収益管理プロセスを見落としがちです。そして収益管理が手動の場合、修正再表示の確率(つまりあなたが帳簿を台無しにしたという正式の公開アナウンス)は高くなります。

(あなたが修正再表示の結果に慣れていないなら、それらは会社に損をさせるばかりでなく、ピンストライプの中の紐のように明らかな、または株価切り下げのような非常に現実的な結果を招くことを記憶しておきましょう。)

一方、優れた収益管理ソリューションでは、財務部はより正確に収益を認識し、時間を著しく節約しながら、ビジネスを収益認識ガイドラインに準拠させ続けることが可能になります。 ただし、正確なデータと簡素化されたプロセスだけが、収益管理を統合することによって得られる利点ではありません。ここでは、収益管理の自動化ソリューションがもたらす5つのメリットをご紹介します

キャッシュ フロー管理をサポート

キャッシュ フローは、任意の時点で、貴社が所有している、または所有する予定の現金の額です。非常に賢明なウータン · クランがかつて言ったように「現金が自分の周りのすべてを支配している!」のです。現金の出入りを知り、そして正確に予測することは非常に重要です。なぜなら、何を購入できるか、従業員にいくら給料を支払えるのか、どんなプログラムを採用できるのか、そしてどんな金利で借入ができるのかは、キャッシュフローが決定するからです。すべての情報が、経理部のそれぞれのコンピュータ内のスプレッドシートにあるのではなく、集中化されたクラウドシステムの中に保存されているとしたら、素晴らしいと思いませんか?

顧客の希望に沿った請求スケジュール

請求スケジュールは、顧客に請求書を発行するための将来的な計画であり、順番に貴社のキャッシュフローの基礎として機能します。 期日どおりに顧客に請求書を発行しない、または製品、サービス、サブスクリプションの料金を正しく回収しない場合、貴社のキャッシュフローは悪化します。言うまでもなく、貴社の請求スケジュールが顧客の期待に添わない場合、顧客はすぐにもっと信頼できるベンダーを探しはじめるでしょう。

収益サイクルをスピードアップ

収益サイクルとは、収益認識タスクと実際の商品やサービスの提供とを一致させるために会計チームが立てる計画です。このサイクルが速くなるほど、現金を早く手にし、その収益をビジネスの成長のために使用することができます。

正確な収益の認識をサポート

多くの企業で、財務部は合意条項、コミットメント、価格設定に適切な視認性を欠いており、特にこの情報がデスクトップ上のスプレッドシートに保存されている場合、これはより顕著となります。様々な種類の製品やサービスからの収益を、特定の方法で認識しなければならない場合、そして最初の契約が成立した後で、注文内容の変更がよくある場合、その複雑さはより深刻となります。

財務部が、リアルタイムでの取引情報にアクセスできない場合、間違いが起こりやすくなります。だからこそ、より堅牢な Quote-to-Cash ソリューション内で収益管理を行う企業は、大きな恩恵を享受できます。このソリューションでは、販売プロセスを管理するビジネスルールを自動的に抽出して、価格を評価し、正確な請求書や収益予測の作成に必要な、注文配達日や価格条件などの契約データを使用できます。

CFOの仕事をより簡単に

CFO の満足は企業にとって重要です。最近の調査で、大半の財務専門家が、企業の将来の財務を正確に予測し、リアルアイムでの組織全体への可視性を得、現在のビジネス戦略の失敗と成功を測定して、財務リスクを管理することに非常に苦労していることが明らかにされました。

Quote-to-Cash プロセスに統合された収益管理が、比類ない可視性と信頼性を提供する方法についての詳細情報は、このプレゼンテーション動画をダウンロードしてご確認ください。